債務整理について


by khxita72g2
 2008年6月、東京・秋葉原で7人が死亡、10人が重軽傷を負った無差別殺傷事件で、殺人などの罪に問われた元派遣社員・加藤智大被告(27)の初公判が28日、東京地裁(村山浩昭裁判長)で行われた。被告は「わたしがしたことに間違いありません」と起訴内容を認め、被害者に謝罪。さらに「わたしにできることは、どうして今回の事件を起こしたのか明らかにすることです」と凶行に走った経緯、動機を、公判で自ら説明していく意思を明らかにした。

 日曜日の歩行者天国にトラックで突っ込み、通行人を次々とナイフで刺していった1年7か月前の通り魔事件。惨劇を引き起こした加藤被告は、髪を短く刈り、白いシャツに黒いスーツ姿で、初公判の法廷に入った。被害者遺族らが座る傍聴席に向かい数秒間、頭を下げてから着席。やせこけ、顔は青白く、精気は全くなかった。

 罪状認否で証言台に立つと、折り畳んだ紙を取り出し、弱々しい声で文章を読み上げ始めた。「亡くなられた方、けがをされた方、ご遺族には大変申し訳ありません」と無表情に謝罪。「事件当時の記憶がない部分もありますが、わたしが犯人であり、事件を起こしたことに間違いありません。取り返しのつかないことをしました」と起訴内容を認めた。

 続けて「せめてもの償いとして、わたしにできることは、どうして今回の事件を起こしたのか、明らかにすることです。詳しい内容は後日、ご説明します」と朗読した。被告は遺族や被害者にあてた謝罪の手紙で「どうせ死刑だと開き直らず、すべて説明したい」と既に伝えており、真実を述べる責任を全うする意思があることを改めて示した。

 検察側は冒頭陳述で、被告の「不満の唯一のはけ口」だった携帯電話サイトの掲示板に「荒らし」が頻発したことが、動機の一部と指摘。弁護側は「完全責任能力があったことには疑いがある」と争う姿勢を示した。検察側の証拠調べで、血に染まった現場など当時の写真が映し出されると、傍聴席からすすり泣きの声が上がったが、被告は無表情のままだった。

 初公判は46席の傍聴券を求め769人が列を作った。公判期日は8月4日の22回まで指定され、被告人質問は7月以降の見通し。法廷で被告が何をどう述べるのかが、死刑求刑確実な裁判の今後の焦点のひとつとなる。


 【関連記事】
初公判 東京地裁 歩行者天国 を調べる

在外公館の文書開示遅れ、やむを得ない…仙台高裁(読売新聞)
篠山紀信容疑者を書類送検=公然わいせつ、モデル2人も−警視庁(時事通信)
飛び降り死は18歳少年=万引き容疑、逃走中屋上から−大阪(時事通信)
淡路島でスイセン見ごろ(産経新聞)
「だまされたふり」で摘発強化=2月に振り込め撲滅月間−警視庁(時事通信)
[PR]
# by khxita72g2 | 2010-02-01 14:15
 厚生労働省は1月29日の中央社会保険医療協議会(中医協、会長=遠藤久夫・学習院大経済学部教授)の総会で、患者の退院後の地域連携診療計画(地域連携パス)を作成した場合などに算定できる「地域連携診療計画退院時指導料」(退院時1回600点)を、来年度の診療報酬改定で「指導料1」と「指導料2」に再編する内容の改定案を提示した。このうち「指導料2」は、診療所や介護事業所が加わった地域連携パスの取り組みを評価する内容だが、委員からは要介護認定などの問題点を指摘する意見が出たため、同省は次回以降の総会で詳細な資料を示す方針だ。

 改定案では、現行の指導料の点数を「指導料1」に移行させる一方、患者ごとに策定された地域連携パスに基づき、退院後の療養を担う保健医療機関や介護事業所と連携した上で、それらの医療機関に文書で情報提供した場合に「指導料1」に上乗せできる「退院計画加算」を新設する方針が示された。
 新たに加わった「指導料2」(退院時1回算定)は、診療所や許可病床数200床未満の病院が、「指導料1」を算定している医療機関の退院患者に対し、地域連携パスに沿って通院や在宅医療のサービスを提供した場合に、初回月に算定できる。ただし、退院日の翌月までに「地域連携診療計画管理料」を算定する医療機関に診療状況を報告する必要がある。

■ケアマネとの入院中の連携評価で新加算

 改定案ではこのほか、退院後に介護サービスの導入や変更が見込まれる場合、患者が入院する医療機関の医師、または医師の指示を受けた看護師らがケアマネジャーと連携した患者への指導や情報提供を評価する「介護支援連携指導料」を新設する方針も示された。

 介護支援連携指導料は、入院中の医療機関の医師、もしくは医師の指示を受けた看護師・薬剤師・理学療法士らが患者の同意を得た上で、退院後の介護サービスについて居宅介護支援事業者などと共同で指導した場合、入院中2回に限り算定できる。ただし、「退院時共同指導料」の「多職種連携加算」を算定すると、同日に行った指導は加算できない。

 意見交換で鈴木邦彦委員(茨城県医師会理事)は、介護支援連携指導料について「実際は要介護認定の申請に1か月以上かかる。そこを短縮しないと、退院しても介護サービスを受けられない」と指摘。これに対して、厚労省保険局の佐藤敏信医療課長は「できる限り早い段階で、ケアプランまでできるのが望ましいと思うので、実際に告示や通知の時には、今のご意見を踏まえた形にしたい」と述べた。
 佐藤課長はまた、多職種連携加算と介護支援連携指導料について「両者は競合するものではなく、ある程度相補的に働くと思う」との考えを示した。


【関連記事】
【中医協】DPC新係数、来年度の導入は6項目
【中医協】「がん患者リハビリテーション料」を新設
【中医協】認知症患者の退院調整加算などを新設
【中医協】有床診入院基本料を再編成
【中医協】新型インフル流行時の療養病棟入院、出来高可能に

八ッ場ダム予定地、湯かけ祭りに沸く…群馬(読売新聞)
広島訪問意欲の米大統領発言を歓迎=平野官房長官(時事通信)
不適切対応職員の契約解除=NHKサービスセンター(時事通信)
首相動静(1月26日)(時事通信)
鳩山首相、名護市長選の結果「民意の表れ」「5月末までに結論、必ず履行」(産経新聞)
[PR]
# by khxita72g2 | 2010-01-30 19:29
 岡田克也外相は22日夜の記者会見で、米国が進めている核戦略体制見直し(NPR)に対する日本の立場を説明した書簡を昨年12月にクリントン国務長官とゲーツ国防長官に送ったことを明らかにした。書簡は、米国の核抑止力について「信頼性は十分な能力によって裏付けられる必要がある」と指摘すると同時に、「『核兵器のない世界』という目標と相反する政策を求めるものではない」と強調している。
 NPRをめぐっては、麻生政権当時に日本側が、抑止力維持の観点から核巡航ミサイル「トマホーク」の退役に反対したなどとする指摘がある。外相は、これを打ち消すために書簡を送付したと説明、「わたしなりに精査し、(反対は)なかったと理解した」と述べた。 

【関連ニュース】
〔特集〕真珠湾攻撃〜ワレ奇襲ニ成功セリ〜
〔特集〕F35ライトニング戦闘機〜次期主力戦闘機の有力候補〜
【特集】陸上自衛隊装備図鑑〜新型戦車、10年度配備へ〜
【特集】緊迫!朝鮮半島〜北朝鮮が韓国侵攻訓練〜
〔特集〕F22、F35のフォト満載! 軍用機ミュージアム

検察批判会合への政務官出席で官房長官が口頭注意「不適切」(産経新聞)
ブエナビスタ帰厩(スポーツ報知)
与党議員PTを設置へ=経産省(時事通信)
<発達障害者>「推進会議」に参加を…支援団体が要請(毎日新聞)
白金温泉 凍らない滝とブルーリバー 北海道(毎日新聞)
[PR]
# by khxita72g2 | 2010-01-29 11:05
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を担当する平野博文官房長官が極秘に鹿児島県・徳之島を移設候補地の一つとして検討していたことが27日、明らかになった。

 徳之島は、沖縄本島から約200キロ。ジェット機が就航する2000メートルの滑走路を持つ徳之島空港がある。島内には旧軍の特攻基地があったが、戦後は基地はない。

 「非公式に地元町長に会えないだろうか」。平野氏は今月中旬、民主党の牧野聖修衆院議員(静岡1区)に対し、会談を設定するよう依頼した。

 牧野氏は普天間問題が浮上した昨年10月以降、数回、同島を訪問。地元町長や経済関係者らと会い、移設への反対意見が表立って出なかったことなどを鳩山由紀夫首相や平野氏らに報告していた。首相は調整を見守る姿勢を示し、平野氏は町長らとの会談の仲介を依頼した。牧野氏は名護市長選が終わるのを待って、25日に徳之島を改めて訪問。徳之島空港での「普天間代替」の受け入れを打診したが、地元3町長は反対で一致し、平野氏との会談も断ったという。

 伊仙町の大久保明町長は毎日新聞の取材に「民主党には焦りがあるように感じた」と語った。天城町の大久幸助町長は「農業立島、エコの島、世界自然遺産の島を目指す徳之島に、基地は必要ない」と強調した。これに対し、平野氏は27日の記者会見で「どなたが(徳之島に)行ったかも承知していない」と述べ、自らの関与を否定した。

【関連ニュース】
参院予算委:鳩山首相、還付金辞退も 贈与税納付で
小沢幹事長:稲嶺新市長と会談、「思い受けとめる」
鳩山首相:普天間移設「5月までに出す」
普天間移設:官房長官「5月末の地元合意にこだわらず」
名護市長選:「斟酌の理由ない」の官房長官発言に地元反発

名護市長選 市民の意思伝えたい…当選の稲嶺氏(毎日新聞)
「他の愛好家にも…」と男児の裸写真公開 専門学校生を逮捕 (産経新聞)
口にチャックの民主・大物議員…渡部氏除く(読売新聞)
474万回分に希望わずか200回分=輸入ワクチンの初出荷で−新型インフル(時事通信)
首相「不起訴望む」発言、民主党内にも波紋(読売新聞)
[PR]
# by khxita72g2 | 2010-01-28 09:13
 東京都板橋区は25日から区内在住者の飼い犬に「犬の住民票」を発行する。狂犬病予防法で義務付けられた登録を促すのが目的。全国でも珍しく、厚生労働省も「聞いたことがない試み」という。

 登録時に従来渡していた「鑑札」と呼ばれる札に加えて発行する。はがき大で両面刷り。愛犬の写真や名前、住所、種類などを記載し、裏面に予防接種の記録を書き込む。保健所の窓口で無料で渡す。

 ペットブームの中で飼い犬は年々増加中。区の推計では約5万匹だが登録率は3割強にとどまる。早速問い合わせが寄せられており、担当者は「猫の手ならぬ、犬の手も借りたいほどの忙しさになれば」と住民票効果に期待している。【小泉大士】

「日本人は太っていなくても糖尿病になりやすい」認知度は4割未満(医療介護CBニュース)
鳩山元総務相に説明求める=母親からの資金提供−自民の大島氏(時事通信)
梅は開花直後が一番「いい香り」 和歌山県と花王が共同研究(産経新聞)
旧知の議員に「死にたい」 石川容疑者、不安漏らす(産経新聞)
虚偽記載「全く把握してない」=小沢氏、説明文書を配布(時事通信)
[PR]
# by khxita72g2 | 2010-01-26 13:54